福島県レクリエーション協会 公式ホームページ

福島県レクリエーション協会

福島県レクリエーション協会

お知らせ

スポレク・アカデミー2021

公益財団法人日本レクリエーション協会公認
スポーツ・レクリエーション指導者養成事業

2021年度開催
福島県スポレク・アカデミー2021! 

日本レクリエーション協会が養成する
スポーツ・レクリエーション指導者。

福島県内でも、2016年度から養成を開始し、
すでに受講された方々50名ほどのみなさまが、
地域のさまざまなスポーツシーンで活躍されています。

2021年度は下記のスケジュールで
準備が進められています。

第1回 2022年1月15日(土)
第2回 2022年1月16日(日)
第3回 2022年1月29日(土)
第4回 2022年1月30日(日)
第5回 2022年2月12日(土)
第6回 2022年2月13日(日)
第7回 2022年2月26日(土)
第8回 2022年2月27日(日)
第9回 2022年3月12日(土)
第10回 2022年3月13日(日)

スポレクアカデミー1 スポレクアカデミー2

スポレクアカデミー3 スポレクアカデミー4

 

プリントアウトできる要項(PDF)はコチラ ☞ スポレク・アカデミー2021

ホームページの問合せフォームからも、申し込みできます。

レクリエーション有資格者のみなさまへ!

公益財団法人日本レクリエーション協会
公認指導者資格をお持ちのみなさま

スポーツ・レクリエーション指導者
養成のための
福島県スポレク・アカデミー2021開催!

今年もやります、「スポレク・アカデミー」!
新年1月から開始されます。

詳しくはこちらをご覧ください。スポレク・アカデミー2021

スポレクアカデミー1 スポレクアカデミー2

スポレクアカデミー3 スポレクアカデミー4

遊びの素材市場は、「和の素材」

日本の伝統的な遊びをもとにしたレクリエーションゲームの特集です。

2021年11月27日(土)開催(定員になりました!)

s-和のゲーム_01 s-和のゲーム_02

詳しくはこちら 和のゲーム_01和のゲームと水引クラフト

 

2021年8月27日現在、福島県内には、

レクリエーション・インストラクター 182名(△21)
余暇開発士 3名
レクリエーション・コーディネーター 41名
福祉レクリエーション・ワーカー 80名
スポーツ・レクリエーション指導者 4Ⅰ名(△1)
準中級レクリエーション・インストラクター 744名
中級レクリエーション・インストラクター 23名
準上級レクリエーション・インストラクター 43名
上級レクリエーション・インストラクター 17名

合計 延1,007名の有資格者がいます。

そのほか、
グループ・レクリエーション・サポーター 22名
学校レクリエーション・サポーター 40名
介護レクリエーション・サポーター 21名

元気アップリーダー
チャレンジ・ザ・ゲーム普及審判員 23名
ラダーゲッター普及員 19名
マンカラ普及員 7名

レクぽ会員 40名

のみなさんが一緒に活動しています。

 

福島県レクリエーション協会からのお願い ☞ コチラ

フォローアップ受講についてのお知らせ ☞ コチラ

福島県レクリエーション協会有資格者関連事業スケジュール ☞ コチラ

福島県レクリエーション協会選定基礎実技について ☞ コチラ

YOU TUBEの配信について ☞ コチラ

これからの事業スケジュール(2021.11.22更新!)

レクリエーション有資格者のみなさんに関係する
各種事業のスケジュールをお知らせします。

笑顔Again!応援隊事業 復興団地訪問事業

ボランティア参加OK!一度お電話ください。

11月24日(水)10時~ 二本松市根柄山団地
12月1日(水)10時~ 二本松市石倉団地
12月1日(水)14時~ 福島市北中央団地
12月15日(水)10時~ 福島市飯坂団地
12月22日(水)10時~ 二本松市根柄山団地

 

あそびの素材市場

どなたでもご参加いただけます。

詳しくはこちらから 和のゲームと水引クラフト

 

スポレク・アカデミー2021

2022年 1月から開催予定。

詳しくはこちらから スポレクアカデミー2021

 

冬のグループワーク・トレーニングセミナー

毎年恒例の学習会です。

詳しくはこちら GWTセミナー予告

 

詳しくは事務局までお問い合わせください。
024-544-1886

HPお問い合わせフォームからもどうぞ

団体正会員(地域、領域関係団体)の主催セミナー

☆福祉レクリエーション・ネットワーク in ふくしま

福島県福祉レクリエーションセミナー 2021

問合せ先 TEL 024 544 1886  FAX 024 572 7800
     e mail  info.f@fukurec.net

日 時 2022 年 1 月 22 日(土) 10 00~15 00
会 場 福島県青少年会館
内 容 作業療法士 からの 提案
    グループが持つ「こころ」へのはたらきかけ
    高齢者へのアプローチ~色カルタを使って~
講 師 福島県立医科大学保健科学部助教・講師
参加費 2,000 円 有資格者割引あり

日 時 2022 年 2 月 20 日 (日)10 00~15 00
会 場 郡山市 青少年会館 
内 容 作業療法士からの提案
    子どもの発達を促すあそびのみかた
    レクリエーション・コーディネーターからの提案
    子どもの運動あそびとレクリエーション
講 師 福島県立医科大学保健科学部助教 
    レクリエーション・コーディネーター
参加費 2,000 円有資格者割引あり

福祉レクリエーションセミナー2021開催要項

21100402_P1 21100402_P2

21100402_P3 21100402_P4

詳細は 主催者へお問い合わせください

締め切りました!「あそびの素材市場」

 

 

あそびの素材市場は大好評!

定員いっぱいで締めきりました!ごめんなさい!!

 

s-和のゲーム_01 s-和のゲーム_02

期 日 2021年11月27日(土)
    10時00分~15時00分
参加費 3,000円(内訳:材料代、通信費、資料代、保険料 等)
※レクリエーション協会有資格者の方には割引があります。
講 師 水引工房「夢」 主宰 水引クラフト講師 南 喜代子 先生
    福島県レクリエーション協会 顧問 本多 勉 先生

午前中は水引クラフトです。
水引は、のし袋や金封などについている飾りひもです。
その水引を使って、箸置き、ストラップなどのクラフトを楽しみます。
「水引でこんなものが作れる」と驚くような素敵なものができあがります。

午後は和のゲームです。
日本で昔から遊ばれてきたものは、わらべ歌だけではありません。
宴席などで楽しまれてきた日本固有のあそびから発展しているゲームも数々あります。
皆さんがどこかで体験しているゲームの原形のようなものもたくさんあります。
「和」のゲーム、これまでにない新しい世界をご堪能ください。

YOUTUBE福島県レクリエーション協会チャンネルご覧ください。

福島県レクリエーション協会のYOUTUBEチャンネル
登録者400名を突破しました。

次の目標は、登録者1,000人です!

既に250本近い動画をアップています。

レクリエーション活動の素材、

レクリエーション活動の展開の仕方、

レクリエーション支援の理論、

新型コロナウイルス感染症拡大防止研修会の様子まで、

幅広くご提供しています。

中には、すでに1万8,000回も視聴いただいている動画もあります。

是非一度ご覧ください。

チャンネルは、こちらからどうぞ

https://www.youtube.com/channel/UC1XziMLmPUDqMuOExwlMevw

コロナウイルス感染症感染拡大防止対策ガイドライン等を改訂しました

コロナウイルスの感染拡大を防ぐために
日夜闘っている医療関係者のみなさま、
そして、日常の生活を支えるために働いてくださっている
たくさんのみなさまに心から感謝します。

新型コロナウイルスは、変異株の感染が拡大し、
収束の兆しが見えません。
社会生活だけではなく、私たちのレクリエーション運動にも
大きな影響が出ています。
その中でもレクリエーション活動の再開、継続のために、
福島県レクリエーション協会では、
「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止対策ガイドライン」を作成し、
新たな知見が確認されるたびに、随時更新しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン2021-07-09

レクリエーション指導者のコロナ対策2021-07-09

もちろん、これがすべてではありません。

活動に関わる全ての方々一人ひとりが、
感染を予防する行動をとることが大切です。
その先にはきっと
心を元気にするレクリエーションが待っていることを信じましょう。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開局時間が変わっています。

全国大会の受付も始まり、お問い合わせをいただくことも増えてきましたが、
当協会では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
事務局職員の勤務時間を制限しています。
基本的には、下記のとおりですが、
事業の状況によって、休日が変更になることがありますので、
お問い合わせは、メールが一番です。
お電話の際には、留守電に録音をお願いします。
また、ご来局の際には、お電話で在局をお確かめください。
ご不便をおかけしますが、もうしばらくよろしくお願いします。

開局時間(職員の勤務時間)
月、水、金曜日 10時から17時まで

笑顔Again!応援隊 復興支援事業~もう一度笑顔を!

東日本大震災発災から10年が経ちました。

2021年度も、福島県レクリエーション協会は
笑顔Again!応援隊を組織し、
復興住宅を毎月訪問します。

簡単なゲームや歌を織り交ぜながら、
団地で一緒に暮らすみなさまのコミュニティづくりに、
是非お役にたちたいと思います。

ボランティアも集中です!

下記スケジュールをご確認のうえ、
是非、ご参加ください。

また、ご依頼のあった仮設住宅や、復興住宅にお住いの方々に、
笑顔を取り戻して頂ける活動も展開して行きます。

あなたも、一度一緒に活動しませんか?

2021年度 復興支援住宅等訪問予定表

福島市
北中央団地
第1水曜
14時~16時
二本松市
石倉団地
第2水曜
10時~12時
福島市
飯坂団地
第3水曜
10時~12時
二本松市
根柄山団地
第4水曜
10時~12時
4月 7日 14日 17日 28日
5月 12日 12日 19日 26日
6月 2日 中止 16日 23日
7月 7日 中止 21日 28日
8月 中止 中止 中止 中止
9月 中止 中止 中止 中止
10月 6日 中止 20日 27日
11月 10日 10日 17日 24日
12月 1日 1日 15日 22日
1月  12日  調整中 19日 26日
2月  2日  調整中 16日 23日 
3月 2日 調整中 16日 23日

興味のある方は、福島県レクリエーション協会までご連絡ください。

これまでの活動実績はコチラ → 東日本大震災派遣実績

レクリエーション・アカデミー

2021年度も白河で、下記のとおり開催中。

会場は変更になっており、
参加者には、その都度ご連絡しています。

会場等のお問い合わせは、
必ず、福島県レクリエーション協会へお願いします。

陦ィ1 P2

P3 陦ィ4

レクリエーションアカデミー2021(P1~4)

福島市レクリエーション協会は、
福島市レクリエーション・カレッジを開催しています。

 

詳しくは事務局まで  024-544-1886

企業のみなさまへ 研修にレクリエーションを活用しませんか!

新年度だからこそ、
コミュニケーション力アップ
コミュニケーションスキルアップのため

レクリエーションによる研修会を
開催してみませんか?

福島県レクリエーション協会では、
企業研修のお手伝いをさせていただきます。

なんで、
レクリエーションが研修になるの?

「個人」と「集団」のレベルアップをお手伝い

レクリエーションには、参加者が数多くの成功体験をすることで、
動機(モチベーション)が強化され、自己肯定度が向上するという効果があります。
また、グループで活動することをとおして個人の力とグループの力が相乗的に高まるという特徴があります。

これらを活用して、ビジネスの現場に活かすヒューマンスキルを身に付けることができます。

協会がおススメする研修

一緒に働いている人が、お互いの良い面に目が行く関係、
「〇〇だからダメ!」じゃなく、
「こうすればもっとよくなるよ。」と言い合える関係、
このような肯定的でプラス思考の人間関係をつくり、
社内文化づくりを進める人財育成のお手伝いをします。

研修の柱

1 会話力をアップするコミュニケーション研修
2 第一印象を変え、笑顔を創り出すアイスブレーキング研修
3 グループの中で個々の力を活かすチームビルディング研修
4 社内イベントを社内文化づくりに活かすブラッシュアップ研修
5 孤立化を防ぎ元気が出るメンタルヘルス研修

研修の進め方

◎ 体験・実感を中心にした研修
さまざまなアクティビティを経験し、経験したアクティビティを振り返り、
自己向上のための活用方法や裏付けとなる考え方を学ぶことができます。

◎ ご希望に合わせた柔軟な研修プラン
アイスブレーキング、ホスピタリティトレーニング、コミュニケーションワーク
交流分析、自己開示、自己肯定感、グループワーク・トレーニングなど、
どれもが、レクリエーションから学ぶことができる人間交流研修の中身です。

企画・受託・ご相談から実施まで

① ご相談(メール、お電話等で)
② ご提案すり合せ
③ 実施準備(役割分担はケースバイケース)
④ 実施(講師派遣)
⑤ 実施報告(アンケート評価等の提出)

 

これまでの実績

I社 若手社員研修
社内イベントの見直しとチームビルディング

A市 公民館職員研修
アイスブレーキングとメンタルヘルス

看護師・介護士に向けた研修会
教師・幼稚園教諭・保育士に向けた研修会
アイスブレーキングとグループワーク・トレーニング etc・・・

お問合せは、福島県レクリエーション協会へ!

感染症予防のためのおすすめグッズ

コロナ禍の中、医療関係者のみなさま、
エッセンシャルワーカーのみなさまに
心から感謝申し上げます。

 

さて、福島県レクリエーション協会が現在使用している
感染症予防のグッズをご紹介します。
これらのグッズの多くは、
福島県の
「スポーツ・レクリエーション活動の
リスタート事業助成金」
の支援をいただいて
そろえることができたものです。
心から感謝しています。


1 消毒液のディスペンサー

左側のディスペンサーは体温も測定できるものです。
ポンプ式よりはるかに衛生的です。

CIMG2452

 


2 殺菌液「K-ガード+9」(河野薬品株式会社)

食品添加物でもあり安全な「次亜塩素酸ナトリウム製剤」です。
東日本大震災のころから重宝して使っています。
CIMG2459


3 紫外線殺菌ライト

私たちの活動では、布製品も多く使うので、
それ等の殺菌のために使っています。
殺菌作用のあるUV-3 が出ているようです。
(信じて使っています)

CIMG2447 CIMG2449


4 マウスガード(株式会社アーテック)

アーテック製のものは、少しだけ高さが高いようで、安心感があります。
現場では演習の時など、受講者の表情を観察したいときに使ってもらっています。
今は、講師が、これだけで現場を行うことはほぼありません。

CIMG2445 CIMG2446

 

5 フェイスガード「COOKAI」(株式会社ウォンツ)
レクリエーション現場のフロントに立つときには、表情が重要になるため、
さまざまなフェイスシールドなどを試してきましたが、
未だ、これに勝るものには出会うことができません。
締め付けられる感覚や、耳に引っかかる感じもなく、
眼鏡を着用していても違和感がありません。
パフォーマンスをしてもぶつかることもなく、
声が変に反響してくる感じもありません。
レクリエーション指導者のために開発されたのではないかと疑うほどです。
お安くはない商品ですが、「使うのならこれ!」という商品。
福島県レクとしては、イチオシのグッズです。

CIMG2457 CIMG2455

CIMG2456

 

 

6 透明マスク(株式会社富樫縫製)
フェースシールドや、マウスシールドははどうしても苦手!
でも、表情は出したいというときに、
比較的お手軽にお使いいただける透明マスク。
もともとは、保育士さんたちの要望で作られたものだそうです。
製造の富樫縫製は福島県二本松市の会社。袋入りで税込み550円。
県産品なので、福島県レクでもおすすめ。
コスパ的にも使いやすいグッズです。
現場では、きっとこれからの主流になる予感です。

CIMG2453

 

 

7 ヘッドセットマイク
インターネットで見つけたものですが、最高でした。
USBで充電ができ、受信機をスピーカーの入力端子につなげば、
ワイヤレスマイクとして機能します。
受信部は、通常のマイクのジャックに対応できるようになっているので、
マイクが使えるポータブルアンプにもつなぐことができます。
今、県レクではSONYのSRS-XB43とセットで使っています。

CIMG2437 CIMG2438

 

CIMG2440 CIMG2443

 

CIMG2441

 

 

8 二酸化炭濃度測定器(株式会社東亜産業)
最新の秘密兵器です。
2021年、スポーツ庁からいただいた文書に
気温18℃、湿度40%、二酸化炭素濃度1,000ppm、という
基準が出ました。
早速、二酸化炭素濃度測定器を準備してみました。
1,200ppmでアラームが鳴るので、
換気の目安になり、大変便利です。
これまで使った現場では、2回アラームが鳴りました。
アラームが鳴ると、寒くてもみんな窓を開けてくれます。
密を避ける意味で、換気を呼びかけるためにもとても便利なグッズです。

CIMG2435

 

コロナ感染予防のために

コロナ禍の中、医療関係者のみなさま、
エッセンシャルワーカーのみなさまに
心から感謝申し上げます。

 

福島県レクリエーション協会では、
各種事業実施のために、マニュアルを作成して、
感染予防に努めています。
受付の際の手順をご紹介します。

1 上履きへの履き替え
会場が外履きOKの会場でも、
会場内では上履きに履き替えていただきます。
もちろん、会場についた時点で、
マスクの着用100%に加え、うがい手洗いを
お願いしています。

20200802_091424 20200802_091430

2 手指の消毒、検温
うがい、手洗いをしてもらった後ですが、アルコールなどの除菌液等での
手指の消毒をお願いし、検温してもらいます。
検温の結果は、受付後、個人票に記入いただき、
個人票は1か月間保管したのちに焼却処分しています。

20200802_091456 20200802_091510

3 物理的距離を取った受付
受付のために、並んでいただく必要があるときには、一定の距離にマークを付けて
物理的距離を取って、並んでいただきます。

20200802_091625

もっとも、今は受付に並んでいただくことはありません。

次のような手順で受付をしています。

1 主催者が、いすに「受付票(個人票)の用紙」と
「参加費(受講料)を入れる封筒」を準備しておく。
2 参加者は、検温が終わったら、自由に椅子に座り、
「受付票(個人票)」を書き、
封筒に「参加費(受講料)」を入れ(お釣りも明記)、
必要書類(履修カードや参加確認カード)と一緒に、
指定された場所に置く。

このように、手順を変えただけで、
受け付けに並ぶ人がいなくなり、
密が回避されました。

福島市レクリエーション・カレッジ2021開催

福島市レクリエーション協会が主催し、
福島県レクリエーション協会が共催する
福島市レクリエーション・カレッジ2021は、
下記の日程で開催されます。

時間は、毎回9時30分~16時30分までです。

20110435_0120110435_02

20110435_0320110435_04

福島市レクリエーション・カレッジ2021

CORONAの時代のレクリエーション活動(blog)

三密を避けながら実施できるレクリエーション活動が求められている時代、

福島県レクリエーション協会では、

みなさまの活動のために、何かの参考にならないかと思い、

CORONAの時代のレクリエーション活動について、blogに挙げ始めました。

五月雨的な投稿になるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

ホームページ右側の

福島県レクblogからご覧いただけます。

「CORONA」のカテゴリーをつくっておきました。

講師・スタッフ等の派遣及びレクリエーション用具の貸し出し

たくさんのご要望に応え、
レクリエーションセミナー等の講師や、
レクリエーションに関わるイベントなどに
ご協力できるスタッフを派遣しています。

 

また、レクリエーション協会所有の
レクリエーション用具について
一定の条件のもとで、貸し出しもしています。

 

講師・スタッフの派遣については コチラ

レクリエーション用具の貸し出しについては コチラ

レクリエーション指導者(支援者)の養成

まわりの方々の、
「生きる喜びづくり」のお手伝いをしませんか?

公益財団法人日本レクリエーション協会が認定する
「レクリエーション・インストラクター」
「スポーツ・レクリエーション指導者」
資格取得のための講習会があります。

福島県レクリエーション・アカデミーについては コチラ

陦ィ1

福島市レクリエーション・カレッジについては コチラ

20110435_01

心の元気をサポートする資格は、
インストラクターだけではありません。

スポーツをとおして「心の元気」をサポートしながら、
介護予防や、子どもの体力向上に役立つ

福島県スポレク・アカデミーについては コチラ

20090389_01

詳しくは事務局まで  024-544-1886

 

レクリエーション・インストラクターを養成するカリキュラムは
「介護・認知症予防」「子どもの活動支援」を意識しながら、
「実技力」に力点を置いたものです。

この機会に、ぜひ「レクリエーション・インストラクター」の資格に挑戦してみましょう。

レクリエーション・インストラクターの講習会は、
実技力の強化に力点を置き、素材の展開力、プログラムの構成力を高めます。

介護予防・認知症予防の現場で、また、子どもたちの体力向上の現場で、
レクリエーションの底力が発揮できるようになることでしょう。

詳しくはこちら

会・員・募・集・中・♡

特定非営利活動法人福島県レクリエーション協会では、
団体正会員・個人正会員・賛助会員を常時募集中です。

詳しくはこちら

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

特定非営利活動法人
福島県レクリエーション協会

〒960-8153
福島市黒岩字田部屋53-5
福島県青少年会館 5階
Email f-kenrec@bz04.plala.or.jp

TEL024-544-1886受付 9:00~18:00 土日祝休FAX024-572-780024時間受付 年中無休

メールでのお問い合わせ24時間受付 年中無休